Reels

Reels

スティーズ A TW フレーム歪み問題をお客様相談センターに相談してみた。

ダイワのフラッグシップモデル STEEZのボディ素材をマグネシウム合金からアルミでより剛性をアップさせたカッチリベイトリール。 そして、STEEZ史上初となるCC(クレイジークランカーモデル)マグフォースZおよびATDの搭載。 最高に痺れ...
Reels

陸っぱりの機動性爆アゲ、2タックルが6タックルに?ベイトリールスプール交換のススメ。

陸っぱりアングラーはフィールドにタックルを何本も持込めません。陸っぱりアングラーの僕の場合フィールドに持ち込めるタックルは多くて2セットといったところです。 残ったタックルは大体車に積んで留守番をさせています。(因みに、車には大体少なくて...
Reels

スティーズ A TW フレーム歪み問題に直面した件

高剛性化するため、メインハウジングとサイドプレートもアルミニウム素材を採用したA TW。リールの重さもSTEEZ SV TWと比べて30gも重くしたのに・・・・ ロッドに乗せてサイドプレートを外そうとすると・・・外れない!!! 僕もそんな...
スポンサーリンク
Reels

ダイワ スティーズ AIR TW 2020.1発売!?

ダイワのベイトフィネスリール2015のアルファスairを最後に新規機種の投入はありませんでした。G1ジュラルミンを採用したスプールと扱いやすいエアーブレーキシステムは必要充分な性能を有しており、現状でも十分に満足できるパーフォーマンスを発...
Reels

ダイワ スティーズ A TW 1016-CC を買ったぞ。

'16にTWS(T-ウイングシステム)を搭載したことによりボディ形状が一新され、Steezフルモデルチェンジと銘打たれ華々しいデビューを飾りました。 しかし、僕の中で初代Steezの最終形態はバキバキにアップデートしたSteez LTD ...
Reels

ローギヤ化したSS Airを使ってみた。

ベイトフィネスリールのSS Airをローギヤ化しました。今回は実際に使用してみましたので、使用感を紹介します。 詳しいコンバート手順はこちらから、 ローギヤ化による効果 先ずローギヤ化の効果を確認するため巻き抵抗の...
Reels

daiwa SS Air SS SV ギヤレシオコンバート

SS Airをシャッドで使いたい。しかし、SS Airは8.1:1の超ハイギヤ、幾ら何でもギヤ比が高すぎます。巻抵抗の小さいルアーは普通のリトリーブスピードで巻くと、とんでもないスピードでルアーがこちらに寄ってくるし、アクションも破綻してし...
Reels

DAIWA 18 RYOGA 1016-CCを買ったぞ。

自分のやりたいクランキングに合うリールはどれか?熟考に熟考を重ね、ダイワ 18リョウガ1016-CCを導入しました。今回は18リョウガの使用感についてレビューします。 こちら側の世界へようこそ感 丸型リールといえばクランキング、...
Reels

ベイトフィネスタックルはBLACK LABEL 691LFB + SS AIR 8.1がベストマッチ

ベイトフィネスはベイトタックルを用いてフィネス(繊細)な釣りを行うタクティクスの一つです。 メリットとしてキャストアキュラシー(精度)の向上や手返しの良さ、そして、スピニングに比べ太いラインを使用できるというメリットがあります。 ...
Reels

クランクベイトに合わせ使いたいローギヤベイトリールまとめ

ローギアを勧める理由 一日の内クランクを投げる割合が少ないのであれば、ギアレシオ(ギア比)はあまり気にしなくても良いと思います。しかし、”一日中クランクを巻き続ける”となると話は変わってきます。理由はとても単純で、”ギア比が高いと疲れる”...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました