スポンサーリンク

daiwa SS Air リールメンテナンス

Reels
スポンサーリンク

ベイトフィネス用リールの愛機SS Airをメンテナンスしたのでまとてみました。

と言っても、ベアリング類の洗浄と内部の潤滑材の様子の確認をしただけです。

スポンサーリンク

メンテナンス

①マグダイヤルを緩めます。この時、コイン(一円玉)を使用すると緩めやすいです。

 

②次にサイドカバーと本体を写真の様にねじるとサイドカバーが外れます。

 

③サイドカバーにスプールの軸を受けるベアリングがあることが分かります。

 

④ベアリングホルダーからベアリングを外します。

※この時ベアリングを抑えている”コ”の字のスプリングは外す時、どこかに飛んでいく可能性がありますのでベアリング取り外し際は慎重に取り外してください。

 

 

⑤ハンドル周りを分解していきます。

スタードラグを外します。

写真では分かりにくいですが、金色のワッシャーが確認できます。

外すと裏側?はねずみ色です。表裏有るようです。取り付けの際は気をつけたほうが良いかもしれません。

 

⑥板バネを外します。バネは()こんな感じで組み付いています。

(向きを間違えるとドラグが効かなくなるので要注意です。)

ハンドル周りはこれだけの部品で構成されていました。

⑦スプールです、ピンは圧入されておりリムーバーが無いと抜けません。

ベアリングだけ洗浄するならこの状態でパーツクリーナーを吹き付けて清掃します。

 

⑧カバーを外します。

ねじ3本で止まっています。写真のようにそれぞれ長さが異なります。

 

⑨ギヤ部

グリスがギヤの歯に着いていなければ塗布します。

⑩おまけ

銀色のこのパーツ、太陽が反射すると目に光が入ってまぶしいので紙ヤスリでメッキをはぎ取りました。1000番で仕上げしてこれくらいです。

 

一応メンテナンスしてみました。もっと汚れたら完全バラシしてみたいと思います。


ギヤ部のメンテナンスは以下の記事を参考にしてみて下さい。

daiwa SS Air リールメンテナンス (ギヤ部)
今回はdaiwa SS Airのギヤ部分解とメンテナンス方法を紹介します。 先ずハンドル、サイドカバーやスプールを外します。 外し方やベアリングのメンテナンス方法は以下の記事を参照してみて下さい。 メンテナンス カバ...

クラッチ部のメンテナンスは以下の記事を参考にしてみて下さい。

daiwa SS Air リールメンテナンス (クラッチ部)
今回はdaiwa SS Airのクラッチ部分解とメンテナンス方法を紹介します。 先ずハンドル、サイドカバーやスプールを外し、ドライブギア、ピニオン及びウォームシャフトを取り外します。 ハンドル、サイドカバーの取り外し方法やベアリ...

以下の記事で、ローギヤレシオ化の手順を紹介しています。

daiwa SS Air SS SV ギヤレシオコンバート
SS Airをシャッドで使いたい。しかし、SS Airは8.1:1の超ハイギヤ、幾ら何でもギヤ比が高すぎます。巻抵抗の小さいルアーは普通のリトリーブスピードで巻くと、とんでもないスピードでルアーがこちらに寄ってくるし、アクションも破綻してし...

 

 

タイトルとURLをコピーしました