スポンサーリンク

2019年 買って良かった バスタックル ベストバイ TOP5

other
スポンサーリンク

今年もアホのようにお金をばら撒き、しこたま釣り関連の道具を購入しました。買って良かったもの、ゴミすぎて環境負荷だけ与えてしまったもの等、色々とありました。

今回は、2019年ボトム・ノック的ベストバイ TOP5を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

5. レジットデザイン ワイルドサイド WSC-G62L

約2年前に購入したピュアグラスロッド、このロッドが無いと僕の釣りは成り立たない。

癖は強いけど、掛かりは最高に良いし、魚をいなすのも楽。

ミノーイングも◎。

WILD SIDEのクランキンロッド WSC-G62L を買ったぞ!
スモールクランク用にレジットデザインのワイルドサイド WSC-G62Lを購入しました!早速シェイクダウンしてきたのでこのクランキンロッドのインプレをしてみました。先ず、このロッドの最大の特徴はなんと言っても素材です。なんと驚きの100%グラ

 

スポンサーリンク

4. ダイワ スティーズ A TW 1016-CC

サイドカバーは外れにくいけれど、それ以外の性能は流石フラッグシップモデルといったところで、仕様はなかなかぶっ飛んでいて、お得感が非常に高い。

ダイワ スティーズ A TW 1016-CC を買ったぞ。
'16にTWS(T-ウイングシステム)を搭載したことによりボディ形状が一新され、Steezフルモデルチェンジと銘打たれ華々しいデビューを飾りました。しかし、僕の中で初代Steezの最終形態はバキバキにアップデートしたSteez LTD ...
スポンサーリンク

3. ダイワ 18 リョウガ 1016-CC

最高にシルキーな巻心地、そして巻き上げのパワー。クランキンリールの最高峰といっても過言では無いリール。未体験の巻き感度にびっくらこいた。

DAIWA 18 RYOGA 1016-CCを買ったぞ。
自分のやりたいクランキングに合うリールはどれか?熟考に熟考を重ね、ダイワ 18リョウガ1016-CCを導入しました。今回は18リョウガの使用感についてレビューします。 こちら側の世界へようこそ感 丸型リールといえばクランキング、...
スポンサーリンク

2. DUO レアリス ロザンテ 63SP

フィールドコンディションに関わらず良く釣れるルアーというか、アクションが変幻自在で強いアクションから弱いアクションまでカバーしてくれる魔法のようなルアー。

とりあえずロザンテ。的な場面が多かった。

DUO レアリス ロザンテ 63SP
REALIS GradeAシリーズのROZANTE 63SPです。コストパフォーマンスが高く安心のmede in japan、そして、良く釣れるハードベイトとして評判の高いルアー、ロザンテ63SPを紹介します。アクションただ巻きでは...
スポンサーリンク

1. ダイワ 18ブレイゾン 621LB-G

今年ぶっち切りで出番の多かったロッド。タイニークランク用購入したが、使用用途はもっぱらのシャッドとスモラバでした。ショートディスタンスでのアキュラシーはこのロッドを使ったら、スピンニングなんてはっきり言って不要でした。

スモラバとの相性がすこぶる良く、グラスコンポジットロッドのくせに一本で意外とバーサタイル性があります。

ダイワ 18ブレイゾン 621LB-Gを買ったぞ!
コストパフォーマンスの高いロッドで人気のダイワ ブレイゾンシリーズ。コストを抑えている割には、ロッドの種類は使うルアーやリグ毎に細かく展開されており正に、痒い所に手が届くラインナップも大きな魅力の一つ。その中でも、かなり気になった機種6...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました