スポンサーリンク

ゲーリーヤマモト ヤマセンコーでもっとウハウハしたい。

Lures
スポンサーリンク

僕の中で未だに釣れる気がしないワームがスティックベイトの類なんですが、特にヤマセンコーなんてゲーリー素材の無駄遣いなんじゃないかと思ってしまうほど苦手というか信じることができません。

でも、周りのアングラーはスティックベイトでかなり良い思いをされているみたいで、(自分の腕前は棚に上げて)正直羨ましさを通り越して妬ましく思っていました。

しかし、苦手意識を少しでも改善するためにヤマセンコー2インチの改造をしてみました。ヤマセンコーにグラブのテールをくっつけてみたところ狂ったようにバイトが増えました。

『爆釣ワーム』2インチセンコーと2インチグラブをくっつける
ゲーリーの数あるワームの中でフィネスの領域を超え、セコ釣りの域にまで達してしまっているこの反則級の二つのルアー、2インチセンコーと2インチグラブ。2インチグラブのテールは薄くてよく動くけれども、ノーシンカーではあまり動きません。どれくらいの

これが僕のヤマセンコーへの苦手意識を改善するブレイクスルーとなりました。

そして、ステップアップのため、3インチにも手を出してみました。それがこちら↓

3インチ ヤマセンコーを改造したら・・・・二番煎じになったお話
前回、大失敗してしまったセンコーの改造。でも、まだ挫けるには早すぎます。なんとしてでもセンコーで良い思いをしたい!ということで、先ず前回の反省点をまとめます。反省点1.極薄のパーツは溶着させるのが非常に困難。・極薄のパーツはすぐ燃えます。溶

この改造も無事成功を収め、見事ブラックバスを手中に収めることができました。

今更ながら、釣れたぁああ!
今更感が半端ないですが、なんと3インチセンコーで釣ることができました。多分、人生初の3インチセンコーフィッシュです。釣り方はオフセットフックのノーシンカーです。んが、釣ったと同時に大きな問題が発生しました。それは、 ”脆いということ” まぁ

しかし、ここでまた一つの壁にブチ当ります。ゲーリーの素材が脆いのは当然のことなんでここでは触れませんが、3インチヤマセンコー(改造済み)のもう一つの課題とは、

スポンサーリンク

テールが速攻で食いちぎられる。

こうなると、もう釣れる気がしません。テールは僕にとって触覚であり心の支えです。その心の支えを失った僕は岸辺にただ立つ生ける亡霊となってしまいます。そしてテールの無いヤマセンコーは只のヤマセンコーでしかありません。(当たり前ですが。)

これは改善しないと、僕の心の安寧を保つことはできません。

 

さて、思った以上にプロローグが長くなってしまいましたが、要はあれです。

本題のヤマセンコーでもっとウハウハしたいんです。

他のアングラーを出し抜いて、この僕がフィールドで羨望の眼差しを浴びたいのです。

あぁ。。。。思わず本音が飛び出してしまいました。

ということで、今回はゴッチャリと素材を準備してみました。

ダブルテールグラブ・4インチグラブ・3インチグラブ・4インチヤマセンコー・3インチセンコー。なんと5種類ものワームをなんとかしていきます。

今回準備したワーム達を見て分かる通り、2インチグラブに比べ一回り、ふた回り大きなテールを持ったワームを準備しています。要は、テールが食いちぎられてしまうのはテールが小さすぎるんじゃ無いか?デカくすればそれは防ぐことができるんじゃ無いか?という単純な考えではありますが、とにかくどんな感じになるのかを検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

下準備

 

下準備としてグラブ類のテールを引きちぎり、ヤマセンコーのテールもちょこっとだけ落とします。

4インチグラブのテールと太さを合わせるために、だいたい6〜7チマキ分ヤマセンコーのテールをカットします。3インチグラブの場合は2チマキカットしました。

そして、先端を火で炙って接合していきます。色味がなんか合っていない気もしますが、試作なのでとりあえず気にしないでおきましょう。

パッと見では、3インチセンコーと4インチのテールのバランスの良さが際立っていますが、どうでしょう?

レビューはまた次回。

 

タイトルとURLをコピーしました