スポンサーリンク

スピナーベイトのスカートを外したらどうなるか?中間まとめ

Lures
スポンサーリンク

こんにちは、ボトム・ノックです。

スピナーベイトのスカートを外し何度か釣行してきました。

釣行する中で気がついた事をここで一度、備忘録としてまとめておきたいと思います。まず、スカートを外して使ってみようと思ったきっかけがコレです。

スピナベのスカートが外れたんだけど!
スピナベのスカートが外れてしまいました。ヘッドだけになってしまったスピナベはとっても貧相に見えます。まるで水をかぶったポメラニアンの様です。(たぶんね。)とにかく、見ているこちらがとても悲しい気持ちになります。ちなみにアップにすると、ちょっ

釣行中にたまたまスカートが外れてしまったのです。
そしてこの外れたスピナーベイトにピンテール系のトレーラーをつけて釣行に挑みました。

スピナベのスカートを外して使ってみた!
ズピナーベイトのスカートを外して使うとどうなるか?の続きです。早速、実釣してきたので、分かったことをまめておきます。まず、今回使用したスピナーベイトはコンパクトスピナーベイトの代名詞といっても過言では無い、O.S.P ハイピッチャーのダブル

スカートを外したことで空気抵抗が減りキャスタビリティは上がったような気がしたものの、スイミングの姿勢はイマイチでした。次に、スイミング姿勢を安定させるため、とにかくヘビーでスローに引いてくることができるスピナーベイトを試しました。

ブーヤーのスピナベのスカートを外したよ!
BOOYAH Single Colorado Blade BYBC12です。あブーヤーシングルコロラドブレードスピナーベイトの1/2ozです。かっこいいですよね。でも、スカートを外すんですよ。その理由はこちら↓ということで、ペロリンチョと.

結果としては、コロラドブレードではバイブレーションが大きいため、トレーラーがバインバイン動いて騒がしくなることが分かりました。簡単に言うと、意外とアンマッチでした。

その他、分かったこと。

トレーラーが付いているのでついついテキサスやラバジ感覚でゴリゴリのがバーにブチ込んでしまい、根掛かりしてしまう。そして回収すると必ずワイヤーが真っ直ぐになって帰ってくる。

シャッドテール(特にテールが大きいワーム)は、テールの振りでブレードのバイブレーションを打ち消してしまうため、たぶん、あんまり良くない。

スカートがないため向かい風にめっぽう強く、悪条件下でのアキュラシーが上がる。

ワイヤーを調整する事で、横倒れの現象が起きにくくなるかもしれない。

トレーラーをつける事で、スナッグレス性(根掛かりの回避性)が上がった。

ズル引きしていてもバイトチャンスがありそう。

シングルウィローを使って極力プレッシャーを掛けない方が良いかも。

これから確認していきたい事

ワイヤー調整による、アクションの変化とリトリーブスピード最適化

ブレードの組み合わせによるアクションの変化の確認及び最適な組み合わせの模索

ズル引きまたはスローロールでの有用性

トレーラーをクロー系ワームにした場合の有効性の確認

そもそも、有意性があるのか。

 

ところで皆さん、ふるさと納税はお済みですか?

タイトルとURLをコピーしました