スポンサーリンク

大江川(11・4)

Fishing Reports
スポンサーリンク

晩秋シーズン?2回目の釣行です。

こんにちわ、ボトム・ノックです。

今回はベイトのよく溜まる石亀エリアからスタートしました。

前回の釣果から、横の動きに反応しやすいのであればベイトが溜まっているエリアにバスも居るであろうと推測したからです。

が、

アングラーが沢山いました。

一応クランクベイトを投げるも、人が多くて釣れる気がしません。。。

巻いて探るのは諦めて、スピナーベイトでベイトが泳いでいるポイントを狙ってカーブフォールさせてバイトを狙う作戦に切り替えました。それでも、バイトは取れず。。。

フィネスでピンを狙うことに。

ピンを狙うならやっぱりこのワーム

『爆釣ワーム』2インチセンコーと2インチグラブをくっつける
ゲーリーの数あるワームの中でフィネスの領域を超え、セコ釣りの域を超えてしまっている反則級の二つのルアー、2インチセンコーと2インチグラブ。しかし、両者共にウィークポイントはあると思うんです。先ず、2インチグラブのテールは薄くてよく動くけれど

ほら釣れた。

その後、ピンをチョンチョンと攻めていくが、追いかけてくるバスは居るもののバイトには至らない。

スピナベにリグを変えてピンに落としてみるが無反応。

岸際をカーブフォールさせるとガツン!

根掛かり。

ルアー回収機でスピナベを回収すると

またしてもワイヤーが一直線に、

何 故 な の か ?

スピナベの形を直して居ると、雲行きが怪しくなり急に爆風に!

チャンス、風が吹いたらスピナーベイトだ!

風が当たっている岸際を丁寧にスピナーベイト探っていくも、無反応。

東大江川に移動、ここで更に風が強くなり一旦コンビニで休憩。

西大江川に移動、風の当たるワンドでスピナーベイトを投入

上流から下流まで流すも無反応。

ここで、ワイルドハンチのブルーバックチャートに変えて下流から上流まで進む。

無反応。

西大江川 歴史資料館下流へ移動。

ここでもしっかり風が当たっていたので、ハイピッチャーを流すも、無反応。

シャローエリアをスローロールさせると・・・・

ゴチン!!

殉・職

シャローのボトムをどうしても狙いたかったので底にへばりつくように巻いてこれるウィグルワートを投入

 

その後、RTO1.5 BB1 BLITZのシャロークランクを巻くも無反応。

無情にも時間が過ぎてゆく。。。

残念ながらタイムアップ

今回の釣行で使ったクランクベイト達

良い夕日です。

バグリーのドレッジ拾った。

タイトルとURLをコピーしました