スポンサーリンク

Song115でジョイントルアーを見直した!?

Lures
スポンサーリンク

一昨年購入したガンクラフトのS-SONG115、購入した当初はイマイチ使い方が分からず、使い所も見つけられずタックルボックスの奥にそっと片付けて記憶から消されていました。

タックルボックスを整理しているとポロリと久しぶりに出てきたため、約1年ぶりに使用してみると、スローリトリーブでは意外とヌメヌメとしつこい動き、そして、トゥイッチングでは短い距離で180°ターンや大きなヒラ打ちと意外と多彩なアクションが出せるではありませんか。

そして、普通のリトリーブでは大きなS字を描きながらヒラを打ってスイミングしてきます。驚いたことに自分が考えている 今 欲しい動きとマッチするではありませんか。。。

不思議なものです、一昨年はその動きがじれったく感じ、もっと豪快な動きを期待していたのでしょうか。。。とにかく昔の自分のスタイルと合わなかったので封印していたのでしょう。

思ったことはただ一つ、「売らなくて良かった。」

このルアーのフックはフェザーフックに変えてあります。ボディはギラギラしているのですが、フックのギラツキは当時の自分が嫌ったのでしょう。ただフェザーをつけることによって大きなS字は描かなくなります。。。。何がしたかったのでしょう昔の自分?

只、ワンアクションの移動距離を短くできるのは結構使い勝手が良いと思います。

また、これは賛否両論あると思いますが魚へのアピール効果です。どれほどの効果があるかは私は良く分かりません、おまじない程度しょうか?魚からはヒレに見えているためあまりプレッシャーをかけないとは思いますが。。。

因みに昔フェザーをフックに巻いてドロップショットを試したことがありますが魚は見向きもしませんでした。フェザー単体での効果は薄いことは確認済みです。

次回もヌメヌメ動かして魚の反応を見てきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました