スポンサーリンク

五三川X大江川(7・8) ちょっと様子見に

Bass Reports
スポンサーリンク

久しぶりに、五三川でも行ってみるかということで、

6:00 五三川到着 日差しが強く早朝だというのにもう暑い。

まずは様子見のため神社付近からスタート

パッと入って分かったこと感じたことは、

水の雰囲気はマッディ、流れは無い、ベイトはチラホラ

バスが身を隠せそうなカバーは岸際には少なく杭が点在している

そして、アングラーがとにかく多い。天気によるプレッシャーよりも人的なプレッシャーがかなり強そう。

シェードかな?と思ったので、テキサスをリグって対岸の影を打っていく。が、浅い。。。

さらには200〜300m先には同じことをやっているアングラーの姿が、

美味しそうで攻めやすい場所は確実に攻められてるな〜。。。

どうするか?

あまり馴染みが無い場所、一級ポイントはアングラーだらけ、こんな時、どうするか?

答えは簡単、地道に足で稼ぐしか無い。

神社まわりを歩いてみる

こんな場所を打ってみたり。

少し上流に移動して

こんな場所を打ってみたりしたが、バイトは一回だけ。

諦めて大江川に逃げる。

西大江川のバスは今日も元気だ。。。

と思ったら、なんか小バスがめちゃくちゃ浮いていた。

2インチセンコーグラブ(勝手に命名)

 

『爆釣ワーム』2インチセンコーと2インチグラブをくっつける
ゲーリーの数あるワームの中でフィネスの領域を超え、セコ釣りの域にまで達してしまっているこの反則級の二つのルアー、2インチセンコーと2インチグラブ。2インチグラブのテールは薄くてよく動くけれども、ノーシンカーではあまり動きません。どれくらいの

 

を投入するも興味は示すが口は使ってこない。

見えバスは放っておいて、岸際のシェードにキャストすると

20cmぐらいのバスが釣れた。

大江川は五三川より反応が素直でやっぱりいいね。。。

大江川より簡単だと思ってた五三川、なめてました。

ごめんなさい。

 

関係ないですが、後から読み返したらあれですねぇ

写真めっちゃ綺麗に撮れてますねぇ

それだけです。

タイトルとURLをコピーしました