スポンサーリンク

大江川(6・25)ブリムスライド インプレ

Bass Reports
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エバーグリーンブリムスライドを
投げてみた。

6・24、25に3時間程、ブリムスライドを試投してみた。
先ず、ピッチングで5m程投げて、ブルシューターのように着水後浮き上がってからデッドスローで巻いてみた。

驚くことに全く動かない。。。。

これは、、、失敗作なのか?、、、不良品なのか??

頭の中は???だらけ。

次は10m程投げてデッドスローで巻いてみる。

なんとかS字で泳いでいるものの、良くあるS字のスイミング特筆すべき点は無い。

次にデッドスティッキングを試してみる。

案の定、動かない。

次にストップアンドゴーを試してみる。

リールを2〜3回グリグリっと巻いた瞬間、

まるで逃げる魚ようにビビビッと動いた、そしてスライドするようにターンをした。

なるほど、ブリムスライドの早い釣とはこのことかと理解する。

ただ、手前3mぐらいはあまりルアーは動かない。

フルキャストでファストリトリーブ。

着水後、リールを巻き始めるとタイトにビビビッと即反応して約30cm程潜水する。

逃げ惑う魚(パニックアクション)を演出するのではなく、逃げる魚を演出しているように見える。

使い所としては、バスの居場所が絞りきれないときのサーチとして、もしくは、一級ポインからリアクションで引き摺り出したい時に使用できるのかなと感じました。

ただ、出来るだけロングキャスト(20m以上)出来るタックルが必要です。

ブリムスライド収納ボックス
エバーグリーンのビッグベイト、ブリムスライドはとても良いルアーなんですが、使い終わった後片付けるのが激しくめんど臭い。その理由がこれこのプリプリテール、このテールを曲げたまま片付けてしまうとクセがついて使い物にならないらしい。だから片付ける

 

ギルネストを見つけたら使いたいギル型ビッグベイトまとめ
ブラックバスのスポーニングも落ち着き、多くのバスはアフタースポーンとなる5月中旬〜7月上旬、この頃一足遅れてブルーギルのスポーニングシーズンとなる。ギルの産卵床は狭い範囲にクレーターのようにポコポコと密集して作られる。腹を空かせたビックバス
タイトルとURLをコピーしました