スポンサーリンク

SMITH ACTION POLAR Aura 第3世代を買ったぞ。

other
スポンサーリンク

SMITH ACTION POLAR Aura 第3世代という偏光サングラスを購入したのでちょっと紹介したいと思います。

先ず、SMITH(スミス)というメーカーなんですが、こちらは釣具を取り扱っているスミスでは無くて、エクストリームスポーツ系のゴーグルを製作している超有名メーカーになります。

で、ありがたいことにXスポーツのカテゴリーの中にフィッシングカテゴリもありまして、そこにACTION POLARという偏光サングラスのシリーズがあります。

その中の Aura 第3世代というモデルが今回僕が購入した偏光サングラスになります。

この偏光サングラスは今のところ僕的には最高のパフォーマンスなんじゃないかと思います。そこら辺を使用感と共に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

レンズについて

先ずレンズについてなんですが、スミスのAuraはコンベックスというレンズメーカーを使用しています。

偏光レンズの最高峰といえばタレックスは有名ですよね。

実はタレックスと肩を並べる性能を持っているレンズメーカーって結構あるんです。コンベックスというレンズメーカーもタレックスと同様に高品質なレンズを取り扱っていることで有名なメーカーの一つです。

SMITH ACTION POLARのAuraはこのコンベックス社の最上位モデルとなるPOLAWING(ポラウイング) SPXを採用しています。

ただ・・・、レンズがタレックスだから見えやすい、コンベックスのSPXだから見えやすいってのは実は無くて・・・偏光サングラスは価格が安くても、それなりに使えるので上位モデルと見え方が違うのか?と問われると、うーん・・・となってしまうのが実際のところなんです。特に晴れたフィールドではその差はほぼ分からないと言ってしまっても良いと思います。

それじゃぁなんで高いレンズを選ぶんだ?ってなると思いますが、それはレンズカラーの豊富さですね。

釣り用じゃない普通の偏光グラスってどっちかっていうと、レンズカラーが濃いんですね。真昼間の晴天だと使い勝手はいいんですが、釣りってドピーかん照りの真昼間って釣りしないんですね。

釣れないから。

だいたい時間帯としては朝方かもしくは夕方ぐらいの太陽が出てるか出てないかぐらいが一番釣りやすくて、そうするとレンズカラーが濃い普通の偏光グラスだと目の前真っ暗になっちゃて見えないんです。

その点、釣り用のレンズは薄いカラーから濃いカラーまでラインナップされているんで、自分のスタイルに合ったレンズが選択できるんです。

あ。曇りや雨の日に使ってみるとその差が割と実感できると思います。
曇天無風の水面って意外と雲が映り込んじゃって水中が見え難いですし、雨の日も雨の水紋で見え難いのでそんな時に使ってみると あっと驚くと思います。

ホントはレンズについてはもっと色々語りたい事はあるんですが、薄いカラーでスペックが高いのが実はコンベクッス社のポラウイング SPXなんです。

スポンサーリンク

ハイカーブレンズ

フィッシングサングラスって見た目がダサいですよね。
アレって実は理由があるんです。
サングラスの隙間から外光が入らないようにヒレみたいなのつけてるんですよ。本格的?な釣り用偏光サングラスは見た目の違和感凄くてそこがちょっとダサく見えちゃうんですよね。

あとヒレ付きのサングラスって車とか乗る時もめちゃくちゃ危なくて、ヒレが付いてるんで視野が狭くなるんです。特に関節視野が狭くなるんです。そうすると脇道からの飛び出しとか道の端っこを歩いてるアングラーとか気がつかないんですよね。(個人差はあると思いますが。)

ハイカーブだとそんな事は無くて視界も遮らず顔もしっかり覆ってくれるので外光も入りにくいですし良いことが多いです。

ただ、ハイカーブにもデメリットは有って、レンズをグイッとカーブさせてるんで歪みが出やすいと言われています。で、歪みが大きいとどうなるかというと、単純に酔います。気持ち悪くなったりフラフラしたりで大変なことになります。

が、タレックスやスミスに採用されているポラウイングSPXなんかはそこら辺はしっかり対策してあって、カーブがキツイレンズでも歪みを最小限に抑えてあって見え方も裸眼とほぼ変わりません。

スポンサーリンク

使用感

使用感なんですが、はっきり言ってしまうと

めちゃくちゃ良いですよ。

見え方は違和感も無く自然ですし、視界は狭くならいですし、外光も入り難いのでサングラスをつけている事を忘れてしまいます。

見え方も結構はっきりしていて、魚に気がつかれる前に、アングラー側が先に魚を発見できるのがかなりポイント高いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

釣りは魚が居るから釣れるっていうのはどのアングラーでも知っている事だと思います。

当たり前なんですけど。それじゃぁどうやって魚を探すかというとやっぱり自分の目で見て魚を見つけるのが一番確実なんですよね。

魚居るかどうかも分からないのにロッドやリール何セットも揃えたりするのは流石にナンセンスです。

それよりもタックルが1セット揃ったら次は魚を見つけられる偏光サングラスを一本購入した方が確実に釣れる魚に出会える確率グッと近づくことができると思います。

あと、目をしっかり守るということ、不幸にも自分に向かってルアーが飛んできてしまった場合、目だけはしっかり守っておいた方が絶対に良いです。

それと紫外線、目の日焼けは気をつけた方が良いです。目が焼けると角膜が炎症を起こして痒いし痛いし充血してもう釣りどころでは無くなります。

ということで、スミスのAuraのレビューというよりは偏光グラスの必要性についてアツく語ってしまいましたが、スミスのAuraとてもいいですよ。笑

以上、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました