スポンサーリンク

‘19.10.21 大江川

Fishing Reports
スポンサーリンク

早朝は雨が降っていたので1時間ずらして出撃。

西の空を見ると雲が切れて青空が広がりそうな雰囲気でした。

秋の雨上がりの晴れ間

うーん。苦手。

冷たい雨が降っていたので、カバーに入っていないかな?と1投目からノーシンカーリグを打ち込みます。 

釣り開始早々にノーシンカーリグを選ぶ時点でかなり消極的な展開で、この天気の苦手意識丸出しで逃げ腰感全開です。

美味しそうなカバーを見つけ丁寧に打ち込みますが反応は得られず、何箇所か流下物でできたカバーが点在していたので同じようにそれぞれ打ち込んでみますが、無反応。

気を取り直して、いつものハードベイトで手返し良く狙っていく作戦に変更。

大江川上流に移動してベイトを追いかけているバスを狙って、川の中心部を意識してロザンテ77SPを打ち込んでみます。

が、こちらも無反応。

ルアーをロザンテ63SPに変えて護岸際をトレースするように、キャストすると・・・

ピックアップ寸前にバイト!

・・・・したことに気が付かずにそのまま抜き上げ。

抜き上げた時にピチピチとした生命感に気がつきました。

15cmほどの可愛い子バス。

なんとなくベイトフィネスでトゥートゥイッチャーを使いたくなって、タックルチェンジして使ってみるもロッドが強すぎてルアーのアクションが滑り気味だった。

ラッキークラフト トゥートゥイッチャー 55IM
ネイティブトラウト用のルアー、Lucky craft のTwo Twicher 55IMです。55の後に付く文字"IM"はインターミディエイトの略で、フライフィッシング用語で使用されているみたいです。ルアー用語ではサスペ

ただ、ロザンテシャッドは驚くほど使いやすかった。

ダイワ 18ブレイゾン 621LB-Gを買ったぞ!
コストパフォーマンスの高いロッドで人気のダイワ ブレイゾンシリーズ。コストを抑えている割には、ロッドの種類は使うルアーやリグ毎に細かく展開されており正に、痒い所に手が届くラインナップも大きな魅力の一つ。その中でも、かなり気になった機種621

 

やはり、秋の雨は苦手です。

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました