スポンサーリンク

‘19.7.24 大江川

Fishing Reports
スポンサーリンク

平日の水曜日、普段であれば死んだ魚の眼をして仕事をダラダラと流しているが、本日は休日。日頃の勤務に取り組む姿勢が悪すぎてクビになった訳では無い。

特に釣行の予定は立てていなかったが、行ければ行く。今回はラッキー釣行。

ただ、先週のグスついたお天気とは打って変わって、珍しく太陽がやる気を出している。

外はクソ暑い。

あぁどっこいっしょと、ちょっと重くなった腰を上げて出発です。

今回の釣行は平日だったので五三川と大江川どちらに行こうか迷ったが、慣れ親しんだ大江川へ。

とりあえず、中学裏に入って様子を伺う。 水は若干クリア気味、ベイトはシャローに浮いていない。 護岸沿いにサーチベイトを通しても、バスやギルは追いかけてこない。

財布に優しい?自作スモラバ
よく釣れるけど根掛かりが多い、買うと割と値段が高いスモラバですが、自作すれば少しお得になります。今回はそんなスモラバの自作方法の紹介です。先ず、手始めに以下の画像の道具を準備すると作業効率がグゥーンと向上します。(準備しなくてもできないこと
軽く反応はするもののフォールしていくルアーを追いかけていかない感じ。
水門の中や護岸際をミドストで通すも、これもまた無反応。
 
せっかくのラッキー釣行、一匹を求め移動する。
 
西大江川 工場裏ワンド、浮き棚周り。
ここでもスモラバでチェックするが無反応。打ってダメなら巻いてみる。
 
ラッキークラフト ベビーシャッド 40DIVE-SP
このルアー、アクションがトンデモナイ。40mm程のタイニープラグのくせに、狂ったようにローリングします。例えるならまるで電動ドリルのようです。それもリトリーブスピードにほぼ関係なくグリングリンと水をほじくるようにローリングします。また、普通
 

シャッドを浮き棚周りにキャストしてグリグリと巻いてみると、コツコツーんといつものアタリ、

あらよっと。

ギルです。

また、ルアーをスモラバに変えて、浮き棚周りにキャスト。

ほいよ。

本日二匹目のギル。

サスペンドしているバスは見えているのに、ギルが釣れるこれ如何に。

バスを求めて更に上流へ移動。

濃いめのシェードポイントへベビーシャッドを送り込みグリグリとクランキンしてくると、小さなバスやギルがワラワラとついてくる。

これは、チャンスあるかも。

丁寧にシェードとの境目をクランクしてくるとドスンとヘビィな生命感。ラインテンションを軽くかけてみると一気にロッドが絞り込まれる。

一気に寄せようとするも、魚のトルクが勝り一気にドラグが効き始める。ランカーサイズなんて余裕で超えるような重厚で凶暴な引きが手元に伝わる。

適当なロッドワーキングとドラグワーキングでなんとか魚体を寄せる。

水面に姿を見せたのは、なんと推定80cmは超えるであろう巨大なカープ。

取り込める位置まで寄せようとした瞬間ラインブレイクしてしまった。

ごめん、カープ。

更に上流へ移動、バスがワンサカ泳いでいた。

おぉ・・・今日一日の集大成を飾るにはふさわしい場所だ。

とにかく見えているバスに片っ端からスモラバを投げ込んでいく。

が、全く見向きもしない。

1時間ほどあれやこれやと粘ってみたが、無反応。

ありがとうございました。

 
 
タイトルとURLをコピーしました