スポンサーリンク

‘18.9.23 大江川

Fishing Reports
スポンサーリンク

前回の釣行記からいつまにやら二ヶ月が経っていました。

二ヶ月の間何もしていなかったかというと、そんなわけはありません。激しい猛暑となった八月は、デスリバーと化した大江川を相手に孤軍奮闘しておりました。

夏のど真ん中に、

ワイルサイドのWSC-G68Mでピュアグラスロッドの虜になりました。
最近のバスロッドでは珍しくなった素材、グラスファイバー(通称:グラス)を100%使用したロッド、レジットデザイン、ワイルサイドのWSC-G68Mについて紹介します。スモールクランク用にWSC-G62Lを使ってみて、巻物はやっぱりグラスだなぁ

を購入して、毎釣行コレ一本で大江川に挑み、木っ端微塵にやられる日々を送っておりました。

で、クランキンばっかりやり続けてわかったことは、

偏った釣りばっかやると獲れる魚が獲れないよってことですね。

ただ、巻物ばっかり巻いてると、どんなリグで攻めたいか見えてくるようにはなるんですよね。これは自分にとって大きな収穫だと思います。

あー。で、9/23の釣果なんですが、大した釣果では無かったですよ。

今回から、自分に課したクランク縛りを解いてポイントや天候に合わせたリグをチョイスして釣りしてみました。

ということで、先ず、

二シネさんところのチッパワをチョイス。。。。

いきなりクランクをチョイスするあたりが、クランク縛りの呪縛が解ききれていないがよく分かります。とにかくリハビリが必要です。

ファットフラットサイドクランク?ニシネルアーワークス チッパワRB
ニシネルアーワークスのチッパワです。僕にとってはこのチッパワが初めてのNLWルアーになります。見た目はグラマラスでカバーに強そうなボディをしていますが、フラットサイドクランクにカテゴライズされます。(僕はこのルアーがフラットサイドであること

ただ、なんだかんだ言って良いルアーなんですよ。

で、クランクで一流ししてみると特に付いてくる魚はいませんでしたが、魚は結構浮いてる感だなということが確認できました。

しかし、天気は晴れ、風もあまり吹いていないのでクランクではないかなという感じでした。

ここで、スイムベイトのリグを変えてみます。が、ルアーを投げるだけでバスは散ってしまいました。かなりナーバスになっているみたいです、バスだけに。

スイムベイト、ルアーサイズをダウンしても良い反応は得られなかったので。

最後の手段、タックルバッグの隅に眠っていた。

ペレット化した2インチグラブをなんとかしたい。
キュートなテールを毟り取られ、無残にもペレットのようになってしました2インチグラブ達、もし私が裕福であればゴミ箱に叩き込んでサヨナラしたい。因みにこんな無残な姿にしてしまった原因は、この記事で改造したワームがあまりにも釣れる。あまりにも釣れ

こいつをノーシンカーで放り込みます。

・・・・・・。

小さいけど、なんとか釣れました。

こちらも、子バス。

カワイイサイズですが、なんとか釣ることができました。

大した釣果ではないですが、よしとしておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました