スポンサーリンク

これが釣れるアクション!? NORIES WORMING CRANK SHOT

スポンサーリンク

鉛筆を軽く持って振ると、目の錯覚で鉛筆がフニャフニャに曲がって見える現象を「ラバー・ペンシル・イリュージョン」と言うらしいです。

実際にペンを持って振ってみると良く解ると思うんですが、ペンの中心を持って無理やり振るとクネクネに見えないんです。手首の力を抜いて、中心位置より少し外れたところを持って振るとクネクネになるんです。

釣れるルアーってただ巻いてくるだけで、この現象になっていると思うんですよ。どちらかと言えば、シャッドやミノーのような細長いルアーはクネクネ現象が出やすい傾向にあると思います。

だけど、クランクベイトのようなピンボールみたいに丸っこい形だとルアーアクションがいくら大きく、そしてハイピッチであってもクネクネしているようには見えることはあまりないんですね。

例えば、クネクネアクションを出すためにクランクベイトのボディをタイトにしてしまうと当然のことながら、浮力が小さくなってルアー自体のレスポンスも落ちてしまいます。特にスモールクランクは顕著に出やすいと思います。

じゃあ、浮力が小さくなるとどうなるのか?ってなるんですが、カバーやボトムにスタックしそうになった時、浮かせてかわす事が難しくなります。簡単に言うと根掛かりが増えます。

なので、ベイトのようにクネクネと動いているように見えるクランクベイトは、なかなかに見つける事は難しいと思います。特にスモールクランクに関しては…

しかし、私が知っているスモールクランクの中で、このクネクネアクションが出せ、且つカバーに強い(根掛かりが少ない)ルアーが一つだけあります。

それは、ノリーズ ワーミングクランクショット(通称:ショット)です。

 

しかし、このショット画像を見て解る通りスモールクランクにしてはシルエットがかなりタイトです。実際に使ってみると解ると思いますが、実はフローティングスピードもかなりスローなのです。

そうなってくると、スナッグレス性はどうなんだと言う話になると思いますが、シャロークランクにしてはリップがかなり大きくしっかりフックを隠してるため、スナッグレス性はかなり高めです。

アクションはかなり大きいウォブリングですが、ナチュラルにアクションし、とても柔らかなスイミングをします。

スナッグレス性が高く、釣れるアクションが備わっている”ノリーズ ワーミングクランクショット”は常にタックルボックス入れておきたいルアーのひとつです。

ハイプレッシャーに強いハードルアーといえばスモールクランクベイトでしょ?
スモールクランクは適度なアピールがありコンパクトなシルエットのため場荒れしにくい。例えば、タフコンディション下や、徹底的に叩かれたハイプレッシャーなポイントで切り札的に使えるハードルアーです。そして、ハードルアーのメリットでもある手返しの良

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました